FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車内愛玩 番外編

僕がそれを目撃したのは、昨日の通勤電車の中だった。

電車がカーブに差し掛かって大きく揺れ、倒れまいと足を一歩横に踏み出した瞬間、僕の横に立っていたスーツの男、僕と同年代だろうか、が、苦しげな呻き声をあげた。

そんな感触は無かったが、足でも踏んでしまったかと足元に目を遣ると、そこで見た光景は想像外のものだった。

男のズボンのファスナーが全開で、えーと、その、ムスコが飛び出していたのだ。

しかも、それは隆々とフル勃起し、男と向かい合って立っている女性がそれに手を重ねていた...。

うそだろ...。

男の顔を見ると、目を閉じて眉を寄せ、自分のムスコを這い回る指の感触に集中しているようだ。

時折、うっ、と低い呻きを漏らしている。

僕が聞いたのは、これか。

信じられない痴態から、僕は目を逸らせなかった。

女性の指が、濡れた亀頭を撫で回す。

手の平全体で、裏筋を撫で上げる。

棒を握りしめ、激しく、上下に擦る。

僕は、熱に浮かされたようにその動きを見つめつづけた。

気が付くと、僕のムスコも目を覚ましていた。

やべぇ、と焦るが、混雑した電車の中で右手にブリーフケース、左手にPCを提げた僕には為す術も無い。

ただ、勃起したカタチを車内で晒すのみだ。

もう、どうにでもなれ。

やけくそな思いでズボンを膨らませていた僕に、女性がちらっと目を走らせた。

ばれる!

女性は、僕のズボンの膨らみを一瞥すると、今度ははっきりと、目を合わせてきた。

わわわ、いやいや、盗み見するつもりは無くてですね、と頭の中で言い訳する僕。

なんでこっちが焦らなくちゃいけないんだ?

そんな僕とは対照的に、女性は落ち着いた様子でにこっ、と微笑む。

そして、声を出さずに唇を動かし、何かを伝えてきた。

ん?何だ?

あ?し...?...た?

明日?!

目を見開いた僕を見て、意味が伝わったことに満足げに頷く女性。

明日は、僕の、番?

僕のムスコが首を一段と高く上げ、熱くなった。



そして今、既に期待で勃起している僕の目の前に、いつもの通勤電車が滑り込んできた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

車内愛玩④

人混みの中で、目を閉じて荒い息を抑え、密かに腰を震わせるペット。

躾のお陰か、人前で白い液を発射することなく我慢ができている。

でも、苦しげな顔を見ると、その我慢も限界のよう。

車内アナウンスが、私の降りる駅の名を告げる。

私は、粘り気を帯びた肉棒をズボンの中に押し込めると、慎重にファスナーを上げた。

行き場の無いカタマリが、布越しにズボンを突き上げている。

私は顔を上げ、唇を動かす。

お、し、ま、い。

電車が速度を緩め、外の景色が街に近づいたことを知らせる。

顔を歪ませ、泣きそうな表情になるペット。

私が背にしている扉が開き、人の波に押されて私も外に流れ出る。

私とペットの距離が広がり、やがて互いの姿が見えなくなる。


あのコ、また駅のトイレでオナニーしちゃうのかな。

次は、せめて会社まで我慢できるように躾なくちゃ。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

車内愛玩③

私の問いかけに、熱い息を殺しながら、こくりと頷く。

そうね、まだまだ我慢できるよね。

勃起物はファスナーの隙間から飛び出して外気に晒され、その怒張は行き場を無くしている。

私はペットの反応を楽しみながら、執拗にカタマリを弄ぶ。

人目を気にして冷静に対処しようとしながらも、時折浮かべる苦悶の表情が堪らない。

高ぶる興奮に、手の動きが速まる。

しこしこしこしこ、

ふぅっ、と息を漏らし、汗ばんだ手が私の腕をぎゅっ、と握る。

しこしこしこしこしこ、くりくりくりっ、

より強くいやらしく、手の平全体と指先を駆使して刺激を伝える。

と、再び私の腕を押さえる力強い手。

表情を伺うと、眉を寄せた泣きそうな顔で、小さく首を横に振る。

ああ、出そうなのね。

私はにこっ、と笑顔を返すと、自分の手の平を口元に寄せ、密かに唾を垂らしてその手をペットの勃起物に戻す。

唾で滑らかさを増した手の平が、反り返ったカタマリの先を撫で付ける。

私の腕にかかる手に力が篭り、腰が小さく震える。

まだよ。
お行儀良く、しなさいね。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

車内愛玩②

ペットの熱い息を頭上に感じながら、私は手を動かし続ける。

下から上に、棒の裏側を撫で上げる。

硬い剣先を、手の平で押し潰す。

指先で、乳首の周りをなぞる。

ペットは目を閉じて眉を寄せ、口を半開きにしている。

快感とも苦痛ともとれる表情。

時折、腰をびくっと動かし、その動きを自制するかのように姿勢を正す。

そう、人前ではお行儀良くしなくちゃね。

私はお利口に我慢する様子に満足し、躾の第二段階に進むことにする。

ズボンのファスナーに手をかけ、ゆっくりと降ろす。

びくっ、と反応して、私の手に片手を重ねて制止をする。

形だけの抵抗に、私が長い爪で抓ると、すぐに手を引っ込める。

完全に開ききったファスナーの間から、簡単にこぼれ落ちる勃起物。

先から垂れている粘り気のある汁を指先で延ばし、くりくりと刺激を与える。

はっ、はっ、

荒くなった息が私の髪にかかる。

私はぬめりを帯びた指先をペットの口元に近づけ、目を見つめながら唇をなぞる。

まだ、
がまん、
できるよね。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

車内愛玩①

私の一日は、ペットの躾から始まる。

スーツを着て、一人前の成りをしたペット。

感じやすくていやらしい身体をしているから、日々、我慢することを教えなくてはならない。

いつもの駅で顔を合わせると、ちらっとこちらを見て、目を逸らす。

お互い、言葉は交わさない。

けれども、タイを締めたスーツの下では、粗相をして私につけられた赤い鞭痕が疼いているはず。

電車がホームに滑り込む。

私たちは同じ車両の隅に乗り込み、向かい合わせになるように姿勢をつくる。

電車の揺れに合わせて、身体が触れる。

肩で胸の辺りを擦りあげると、乳首を抓りあげるクリップの感触を感じる。

クリップへの刺激に、生意気にも顔をしかめるペット。

私はよろけてもたれる振りをして、手でクリップに挟まれた乳首を探る。

あ、あった。

乳首の先をくりくりと刺激すると、口を半開きにして泣きそうな顔に。

あーあ。
人前なのに、もうこんな情けない顔になって。

まだまだ我慢ができてないなぁ。

ということは、こっちもだらしない状態?

手を下に伸ばすと、すぐに突起物にぶつかる。

今日も下着はつけさせていないから、布地に直に触れて擦れているはず。

しばらく布越しに股間をまさぐり、硬さを確かめる。

ふふ。
このコ、また公共の場で発情してる。

私は顔を上げ、唇の動きがわかるようにゆっくりと口を動かす。


へ、ん、た、い。


その言葉が伝わったのか、変態ペットは、あぁ、と小さく呻いて甘いため息を漏らす。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

queennana

Author:queennana
抑圧と支配にエロスを感じる。
秘められた変態妄想を白状させて、アメとムチで調教するのが大好物。
健気に耐える姿に愛情を注ぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。